仕事上の接待などでアルコールを飲むことが多く、二日酔いが続いているという方、あるいは季節限定のビアガーデンをはしごして、毎日ビールを飲み続けているという方はいらっしゃいませんか?

摂取したアルコールを分解できる臓器は肝臓しかありませんから、飲みすぎが続くということは、肝臓を酷使していることになります。

前日飲んだお酒がまだ体の中に残っていて二日酔いの症状が残っているところに、またアルコールを摂取すると、分解されないアルコールが体内に蓄積してしまい、二日酔いの症状がどんどん酷くなってしまいます。

二日酔いの症状を根本的に治すためには、肝臓の状態を良くしてアルコール分解スピードをはやくしてもらうことが第一です。それでも、大量のアルコールを、それも連日摂取することで肝臓を酷使すると、肝臓の機能低下から様々な病気を引き起こすこともあります。

例としては、肝臓では脂肪肝やアルコール性肝炎、その他の部分では肥満、通風、動脈硬化、高脂血症、糖尿病などがあり、いずれも軽い病気ではありません。一度その病気になってしまうと、一生薬とは縁が切れない体になってしまいます。

アルコールは百薬の長であり、百薬の毒とも言います。適度な量とはいえ、毎日飲み続けることは、体を破壊へと導くことにもつながりかねません。できれば、週に一日くらいは、アルコールをお休みすることをおススメします。