二日酔いにならないように、お酒を飲む前には「ウコンを飲んでおけ!」と言われる事があると思います。

多くの方はウコンは二日酔いに効果があるという事は知っているようですが、どういう理由で効果があるかについて知っている人は少ないのではないでしょうか?

お酒を飲んだ後というのは、アルコールを分解するために肝臓に大きな負担がかかります。
また、肝臓のアルコール分解能力には個人差があるため、肝臓にかかる負担も人それぞれです。

ウコンはこうした肝臓にかかった負担を軽減してくれる役割を持っています。
ウコンには多くの成分が含まれていますが、その中でも注目すべき成分はクルクミンという成分です。

クルクミンはポリフェノールの一種で二日酔いだけでなく、アルツハイマー病や肝臓病などにも効果があると言われている優れた栄養成分です。

ただし、いくらウコンが二日酔いに効果があるからと言って、泥酔するまで飲んだりする事は避けるべきです。

ウコンはあくまでも二日酔いを予防するためのものだという事を忘れないでください。