お酒を飲む前には、まずウコン。

すっかり有名になり、飲み会の前にコンビニや薬局で買い求める人を多くみかけます。
そのさきがけになったのは、やっぱり「ウコンの力」でしょう。

これまでは、二日酔いになってから飲む薬が多かったのに対して、二日酔いの予防に、お酒を飲む前に服用するという点が、画期的だったように感じます。

特に、日本人はお酒に弱い体質の人が多いので、二日酔いを予防できるといううたい文句は、多くの人々からの支持を得たのだと思います。

ウコンに含まれているクルクミンという成分は、アルコールの分解を高める働きをもっています。
アルコール分解では欧米人に劣る日本人にとっては、アルコール分解を補助してくれることで二日酔いを予防できるドリンク剤は、まさに「待ってました」と言える存在でしょう。

ただ、良薬口に苦しの如く、ウコンを主成分とするドリンク剤は苦味がきついので、一気飲みをする人が多かったのではないでしょうか。

最近では、紫色のウコンの力がお目見えしました。
カシスオレンジ味で、飲みやすくなっています。
また、クルクミンは、肝臓をいたわる成分でもあります。

お酒を飲む前以外でも、「最近飲みすぎてるな」とか「暴飲暴食が続いているな」と感じている人も、時々飲んで肝臓をいたわってあげましょう。