二日酔い、と聞いて、皆さんはどんな状態を想像されますか?

息がお酒臭いとか、まったくやる気がでないとか、体に力が入りにくい、というのを想像される方もいらっしゃるでしょう。

具体的な症状としては、喉が貼りつくように乾いた感じとか、強い頭痛などを訴える方もいらっしゃいます。このうち、二日酔いによる頭痛、どうにかならないものでしょうか。

体が動きずらいことも日常生活に支障をきたしますが、頭痛だけは全ての行動をストップさせてしまうほど、人間への影響力は絶大です。頭痛の原因には、いくつかの種類があり、その原因別で対処方法も異なります。

まず一つ目は、アルコールを分解する過程でできるアセトアルデヒドによる頭痛です。この場合、アルコールやその代謝過程で生じるアセトアルデヒドが体外へ排出されるまでは頭痛が続きます。言い換えると、アルコールやアセトアルデヒドの分解を促して、体外への排出を促進することが、二日酔いによる頭痛の緩和の近道となります。

二つ目は、脱水症状による頭痛です。この場合、水分をより多く摂ることで、頭痛が少しずつ緩和されます。

二日酔いには様々な症状が出ます。その中でも辛い症状が頭痛です。二日酔いの症状での頭痛はガンガンと割れるように、波打つように痛いことが多いのです。

二日酔いの頭痛は血中に残ったアルコールが血管を拡張してしまうことが原因の片頭痛と、脱水症状によって引き起こされる頭痛、アセトアルデヒドによって引き起こされる頭痛があります。

アルコールの分解途中に発生するアセトアルデヒドによる頭痛は、アルコールが完全に分解されるまで治ることはありません。しかし、その他の頭痛は対策をすることによって改善する可能性があります。

二日酔いで片頭痛が起こってしまった人は、通常の片頭痛対策をすると効果があります。拡張した血管を収縮させる働きがある、カフェインが成分のお茶やコーヒーを飲むことで頭痛が解消されます。また、首筋を冷やすのも拡張した血管を元の戻すのに効果的です。

二日酔いで脱水していることによる頭痛では、体に素早く吸収されるスポーツドリンクをたくさん飲むのが有効です。多くの人がスポーツドリンクよりもミネラルウォーターを飲んでいるというデータもありますが、スポーツドリンクの方が肝臓の働きを助ける糖分や塩分を含んでいるので二日酔いの体にはスポーツドリンクの方が適していると言えるでしょう。

スポンサーリンク