お酒を飲みすぎた翌日、瞼が腫れるなど浮腫みの症状がでる人がいます。

あなたはいかがですか?

体質的に浮腫みが出やすい人もいれば、体調や飲んだお酒の量によって浮腫みがでることもあります。この浮腫みは、摂取したアルコールや、アルコールの分解過程でできたアセトアルデヒドが体内に残っていることで、新陳代謝が妨げられることによって起こります。

新陳代謝が低下すると、排出されない水分や老廃物が体の中に溜まってしまうため、浮腫みをもたらすのです。特に、お酒を飲んだ翌日の顔の浮腫みで悩んでいる方は、メイク落としと同時にリンパマッサージを行ってみてください。

まず、腋の下や鎖骨にあるリンパを刺激したあと、首の後ろをマッサージしてください。次に、メイク落としに入ります。オイルクレンジングなどを使って、メイク落としと同時に、顔をマッサージしましょう。

このとき、マッサージの方向としては、顔の内側から外側へ向けて、また上から下へ向けてマッサージするのがコツです。また、クレンジング後の洗顔のときにも、同じように顔をマッサージしてあげましょう。

リンパの流れが良くなり、翌日の顔の浮腫みを予防できます。飲みすぎた翌日の顔の浮腫みを防ぎ、メイクだけではなく一日の汚れを洗い流すことでお肌の傷みも防ぐ、飲み会後のメイク落としには様々な効果がありますよ。

スポンサーリンク