ヨーロッパの国々は、ワインとチーズで有名です。ヨーロッパの人々は、アルコールを摂るときは乳製品、特にチーズをよく食べています。

これは、単にチーズがとても身近な存在であるというだけではありません。実は、これはお酒を飲んだときの体の変化や二日酔いを軽くするために、とても理にかなった方法なのです。

チーズは、二日酔い予防の最強アイテムなのです。チーズは発酵食品で、たんぱく質を非常に多く含んでいます。たんぱく質は、アミノ酸となりますが、このアミノ酸は肝臓でのアルコール分解を補助する役割を持っています。また、アルコールの代謝過程でできるアセトアルデヒドの分解も促進してくれる作用も持っています。

居酒屋へ行くと、チーズを使った料理がとても多いことに気が付きます。ポテトピザや普通のピザ、数種類のチーズとか、チーズのから揚げ、グラタンなどなど、数え上げると、結構あります。チーズの塩分は、お酒も食事も進みますが、チーズを出来るだけ取るようにしてみましょう。

チーズと効くと、カロリーが高いなど気にされる方も多いかもしれませんが、二日酔いの予防には効果が高いので、積極的に注文して食べるようにしましょう。

スポンサーリンク